ヒートスリム42℃成分

ヒートスリム42℃って安心して使えるのか成分を調べました

ヒートスリム42℃の成分は何で出来ているの?

 

ヒートスリム42℃で燃活

 

このようにヒートスリム42℃といえば唐辛子由来のカプサイシンというイメージが強いため、類似品の中には、カプサイシンさえ使って入れば良いという感じのもありますね。でも、カプサイシンって使い方を間違えると肌荒れの元にもなりかねません。

 

 

その点、ヒートスリム42℃は口コミ評価も高いだけあり、成分にもとてもこだわっていました。詳しくみてみましょう!

 

 


目 次

  1. ヒートスリム42℃に配合されている中で注目の成分
  2. ヒートスリム42℃で肌荒れが起きることはあるの?
  3.  

 

 

ヒートスリム42℃公式サイト

 

 

ヒートスリム42℃に配合されている中で注目の成分

 

ヒートスリム42℃にはどんな成分が含まれているのでしょうか?

 

 

配合されている成分は肌トラブルが発生するリスクにも関わるところですから、使う前に把握しておきたいですよね。

 

 

まず、ヒートスリム42℃の成分で注目したいのがシート部分の主成分であるTPEゲルです。シートは直接肌に触れる部分なので、安全に使えるのか気になる人が特に多いのでは?

 

 

TPEゲルのTPEとは、Thermoplastic Elastomersの略称です。日本語に訳すと熱可塑性エラストマーという意味になります。エラストマーには弾力性がありますから、お腹に貼るときにフィットしやすいと言えます。そして、TPEゲルは医療現場でも扱われているものなので、安心して使えますね♪

 

 

次に注目したいのはヒートスリム42℃の温熱ケアのメイン成分であるカプサイシンです。カプサイシンは唐辛子にも含まれている成分ですから、目にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

 

 

唐辛子からイメージする通り、しっかりと熱さを感じさせてくれます。

 

 

唐辛子に含まれていることからも分かるとおり、使用量を間違わなければ重大な危険をもたらすことはありません

 

 

そのため、ヒートスリム42℃は成分の質や量などもしっかり考えられているので、副作用などを気にしながら使わなくても大丈夫なのです。

 

 

ページの一番上に戻る

 

ヒートスリム42℃で肌荒れが起きることはあるの?

 

ヒートスリム42℃を貼った部分に肌荒れが起きてしまうことはあるのでしょうか?安心して使えるアイテムではありますが、個人の肌質やその日の体調などさまざまな要素によって肌が刺激を受けやすくなることもあります。

 

 

ただ、大半のケースではヒートスリム42℃でかぶれや肌荒れが起きることはありません。

 

 

韓国で長きに渡り営業している「グローバル整形 外科医院」や日本で芸能人が通うサロン「ブランシュール銀座店」といった店舗で採用されていることからも、ヒートスリム42℃の肌荒れのリスクの少なさは分かるでしょう。

 

 

また、韓国では特許や各種認証を取得しており、しっかりとした裏付けのある温熱ケア商品と言えます。レビューサイトなどでもヒートスリム42℃による肌荒れで長年悩んでいる、といった意見は見つかりません。

 

 

つまり、肌荒れが起きる可能性にビクビクおびえながら使うような事態は考えなくてOKということです。

 

 

もちろん肌への刺激が強いと感じたとき、無理に使い続けると肌への負担は大きくなってしまいます。実際に肌荒れが起きなかったとしても、お肌の弱い方はリスクを軽減するためにヒートスリム42℃の使用をいったん休止するなどの対策をとると良いですね。

 

 

ヒートスリム42℃公式サイト

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ヒートスリム42℃口コミの裏側のトップに戻る