ヒートスリム42℃口コミ被害

ヒートスリム42℃にかぶれや火傷の被害が無いのか気になる?

不安

 

ヒートスリム42℃被害に遭った人っているの?

 

例えば、

 

  • 直接肌に貼り付けるのなら「かぶれ
  • 貼ることで発熱するのなら「やけど

 

こういう被害に遭ったというヒートスリム42℃の口コミ報告って実際にあるのでしょうか?気になったので早速、調べてみました。

 

 


目 次

  1. ヒートスリム42℃で肌がかぶれることはあるのか?
  2. ヒートスリム42℃でヤケドしてしまう危険はない?
  3.  

 

 

ヒートスリム42℃公式サイト

 

 

ヒートスリム42℃で肌がかぶれることはあるのか?

 

ヒートスリム42℃は肌に直接貼って使うアイテムですから、かぶれることがないか心配する人もいるのでは?

 

かぶれ

 

 

はたしてヒートスリム42℃で肌がかぶれることはあるのでしょうか?

 

 

肌に触れることになる粘着シートの部分は医療用のパッチにも使われるTPEゲル(植物由来成分)を採用しているため、肌がかぶれるリスクが他の製品に比べて格段に高いということはありません。

 

 

実際かぶれやすいという自覚のある人でも、ヒートスリム42℃ではかぶれが発生しなかったというケースは多いです。

 

 

しかし、人によって肌の状態や性質は異なりますから、どんな人でも100%肌トラブルなしでヒートスリム42℃を使えると言い切ることはできません。

 

 

レビューブログなどを見てみると、少しかゆみを感じたという口コミもいくつか見つかります。

 

 

そのため、肌が弱い・敏感肌であると感じているのであれば、パッチテストをして使用後の肌の状態を確かめてみると良いでしょう。

 

 

また、最初からフルに使い切るのではなく短時間の使用で様子をうかがう、皮膚への刺激を抑えるために貼ったり剥がしたりする際は慎重に扱うなどの対策も活用しましょう。

 

 

なお公式サイトでは1日おきの使用を推奨しているので、ヒートスリム42℃によるかぶれを防ぎたいのであれば毎日の使用は避けた方が無難です。

 

 

ページの一番上に戻る

 

ヒートスリム42℃でヤケドしてしまう危険はない?

 

ヒートスリム42℃を使っていく中でヤケドしてしまうことはないのでしょうか?

 

 

商品名に含まれるヒートという単語、温熱という商品のイメージから低温ヤケドの危険性をイメージしてしまう人は少なくありませんが、その心配は杞憂です。

 

 

基本的にヒートスリム42℃でヤケドをすることはありませんし、ヤケドが発生したという報告も見つかりません。

 

 

正しい使い方を守っているのであれば、過度の心配はしなくても大丈夫です。

 

 

ただ、過去にカイロでヤケドをしたことがあるせいでなんだか不安に感じるという人もいると思います。使い方や働きだけを見れば、貼るカイロに近いので勘違いしてしまうのも仕方ないことでしょう。

 

 

しかし、ヒートスリム42℃とカイロでは根本的な温熱の仕組みが異なります。

 

 

カイロはカイロ自体の内部の化学反応で発熱して、その熱を利用して身体を温める形です。そのため、外部から長時間熱が加わることで低温ヤケドが起きる危険性が生まれます。

 

 

一方、ヒートスリム42℃はシートに配合されたカプサイシンで身体の働きを呼び起こし、温める仕組みとなってます。

 

 

つまり、外部から熱が加わり続けるわけではないので、ヒートスリム42℃で低温ヤケドをする危険性を心配する必要はありません。

 

ヒートスリム42℃公式サイト

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ヒートスリム42℃口コミの裏側のトップに戻る