ヒートスリム42℃口コミ

ヒートスリム42℃の「熱い」「痛い」の勘違い!?

ヒートスリム42℃で脂肪燃焼

 

ヒートスリム42℃は熱い!?でもこの「熱い」というイメージから誤解している人もいるのでは?

 

さらに熱いから関連して痛いと勘違いしている人も…。

 

詳しく調べてみました。

 

 


目 次

  1. ヒートスリム42℃が熱いというイメージから来る勘違いに注意!
  2. ヒートスリム42℃は痛いという口コミは本当なの?
  3.  

 

 

ヒートスリム42℃公式サイト

 

 

ヒートスリム42℃が熱いというイメージから来る勘違いに注意!

 

商品説明に掲載されている炎が燃えているイメージ画像などからヒートスリム42℃は熱いという印象を持っていると、使う際に肌トラブルなどが起きないか心配してしまうかもしれません。

 

ヒートスリム42℃

 

しかし、その熱さはシートのTPEゲルに練りこまれたカプサイシンが作用してユーザー自身の身体を温めた結果生まれるものなので、不安に感じる必要はないでしょう。

 

 

ヒートスリム42℃自体は貼るカイロのように熱い状態にはならないので、低温やけどのリスクは気にしなくてもOKです。

 

 

低温やけどが発生したというニュースを目にしたことがないことからもそれは分かると思います。

 

 

イメージとしてはシートを貼った部位が体の中からぽかぽかと熱くなる感じで、心地よさ熱さ・暖かさだと感じる人も多いです。

 

 

ただ、人によって肌の感覚は違うので、ヒートスリム42℃を熱いと感じて長時間貼り続けられないという人もいます。

 

 

特に睡眠不足や体調不良が続いているときは、ヒートスリム42℃を熱いと感じやすくなることもあるようですね。

 

 

また、使い始めたばかりの時期だと、まだ熱さに慣れていないことが原因で熱さに過剰反応してしまうこともあります。

 

 

ヒートスリム42℃は必ずしも長時間貼り続けなければならない商品ではないので、通常より早めに剥がすなど自身の慣れ・体調に合わせた使い方を心がけましょう。

 

 

ページの一番上に戻る

 

ヒートスリム42℃は痛いという口コミは本当なの?

 

レビューサイトなどの口コミで「ヒートスリム42℃は痛い」という内容の書き込みを見つけて不安になってはいないでしょうか?

 

 

いくら貼るだけで身体をしっかり温めることができたとしても、その結果怪我をしてしまうようなら意味がありません。

 

 

しかし、ヒートスリム42℃が痛いという口コミの詳細をよく見てみると、貼って使った際の熱さから来る刺激を痛いと表現しているようです。

 

 

これまでに感じたことのないタイプの熱さを言葉が見つからず痛さに例えているというケースが多いので、身体へのダメージを心配する必要はありません。

 

 

また、ヒートスリム42℃が痛いとされるもう1つの原因として、剥がし方の問題が挙げられます。

 

湿布

 

貼る湿布薬などを使った際、力ずくで剥がして痛い思いをした経験はないでしょうか?

 

 

ヒートスリム42℃は医療用にも使われるTPEゲルを採用していますが、貼る湿布薬と同じく無理やりに剥がすと痛いと感じることもあります。

 

 

朝の時間のない時間帯だと急いで剥がしてしまいがちですが、そのせいで肌への負担が大きくなってしまうことがあるのです。

 

 

そのため、肌があまり強くない人はシートを抑えながらゆっくりと剥がすことを意識しましょう。

 

 

剥がし方に気を付ければ、ヒートスリム42℃を痛いと感じることはないはずです。

 

 

ヒートスリム42℃公式サイト

 

 

ページの一番上に戻る

 

 

ヒートスリム42℃口コミの裏側のトップに戻る